自分の好みのカーテンがみつかる

オーダーカーテンは、寸法、生地から全て、自宅の窓やインテイリアに合わせて自分で選ぶことができるのがメリットです。新居に引っ越した場合、まず最初に必要なものがカーテンといってもいいのではないでしょうか。最近のマンションや一戸建ての住宅では横長リビングといって、かなり幅の広い窓がついているリビングが多いです。そんな窓の場合は既製のカーテンでは、サイズのあうカーテンはほぼないので、オーダーカーテンでないと、中途半端でちぐはぐな感じになってしまうでしょう。またカーテンを選ぶ際は部屋のインテリアや、壁や床の色に合わせる必要があります。既製のカーテンでは遮光率などの機能性に特化している生地は多くても、オーダーのカーテンに比べて、布の種類が限られています。オーダーカーテンなら数ある布の中から好きな柄を選んでから、その布に遮光性のある布をつけて高い遮光率のカーテンにすることも可能です。

カーテンでよくある失敗がない

よくあるカーテンの失敗であげられるのは、ちゃんと測ったつもりだったのに、丈が短かかったり長かったという失敗です。それだけカーテンのサイズを正確に測るのは難しいといえます。せっかく買ったのにサイズが合わなかったらショックが大きいでしょう。その点、オーダーカーテンは、プロの方が自宅に測りにきてくれるため、サイズが合わなかったというミスがおこることはありません。しかも計測はサービスに含まれていることが多いです。床につかないぎりぎりのラインの、最適の長さのカーテンというものは、見た目がすっきりしていて気持ちが良いものです。オーダーカーテンは既製のカーテンに比べて、お値段は高くはなりますが、実際に店舗にいって見比べると、生地の素材や質感が全く違うことがわかるでしょう。そのため値段相応のものと納得して購入し、高い満足感を得られる方が多いようです。